マレーシア語学留学記03:トイレに閉じ込められた話

01/11(月)から語学学校での授業が始まったわけですが、なんと!!!14日(木)にトイレに閉じ込められてしまったので、記録しておきたいと思います。。。

※記事に掲載の全ての画像はクリックorタッチする事で拡大表示されます。

恐るべし、プレミアムタワークオリティ。

skyeduに留学の際、学生は皆寮に入ります。その寮は建物が2つあり、1人部屋のプレミアムタワーと2人部屋のスタンダードタワーに分かれています。名前の通り、プレミアムの方が建物も綺麗で値段も高いです。(1人部屋という事も手伝ってますが。)

私は1人部屋なのでプレミアムタワーに入居しているのですが、その「プレミアム」でビックリするような出来事に見舞われました。

トイレに入って鍵をかけた所、それがキッカケでトイレの鍵が壊れてしまったようで、トイレから出られなくなってしまったのです!!!「おいおい!!プレミアムタワーでしょ????!!!設備メンテナンスしっかりしてよーーーー。」と本気で泣きそうな状態でした。

不幸にもユニット内に誰もおらず、気付いてくれる人は誰もいない状況。扉を回してみたり、ちょっと叩いてみたり色々と試したのですが開かない・・・。かれこれ1時間以上はトイレの中で困惑しておりました。

最終的に、トイレの天井近くにある小さな窓が隣の洗濯機部屋に繋がっていた為、そこから脱出しました(最初からこの窓から出れば良かったのですが、ここに登る事でトイレ内の物を足で踏み台にした際に、器具を破壊していまう事を恐れて出来なかった)。私の部屋は20階なのですが、この窓が無かったり、窓は外に繋がっていた、なんて状況だったら私はどうなっていたのでしょうか。


学校が始まって最初の3~4日は、口から英語が全く出てこなくて(今もほとんど出ないけど)、個人レッスンで先生とほとんど会話出来ず、そしてグループレッスンでも色々と出来なさすぎて精神的に参っていた時期でした。その時にこのような出来事が発生し、恥ずかしながら滞在5日目にして「帰りたい」と泣き言を(^_^;)

その日の夜、学校に居る何でも屋さん的な男性の方が、トイレの鍵を破壊。穴にティッシュを詰めてこんな状態に。


数日後には新しいドアノブが設置されていました。(ドアに入った亀裂が生々しい)


私はこの事件以降、トイレの際もシャワーの際も鍵はかけていません・・・。これがプレミアムタワークオリティ。苦笑 日本での設備環境を当たり前と思ってはいけません。

しばらく経った今では、「ブログネタになる面白い経験が出来たなぁ」くらいに考えられるようになりましたが、当時は精神的に切羽詰まっていた為、本当に辛かったです。慣れない環境に身を置いたばかりの時は、ちょっとしたトラブルでも精神的に響きます。慎重に慎重に生活しないといけないな、、、と痛感した出来事でした。(トイレに閉じ込められるなんで想像もしないですけど普通。。。)

この当日、トイレに閉じ込められていた間に授業が1コマ終了していたという更に悲しい話。涙


※本ブログ語学留学記タイトル一覧
こちら
※[skyedu]の日本エージェントによる紹介サイト
留学ウェブダイレクト
※skyedu日本人スタッフの方によるブログ
SkyEduグローバルカレッジ「マレーシア留学の現地情報」