マレーシア語学留学記05:skyedu近辺(ダマンサラペルダナ)からクアラルンプール市内へ出かける方法


skyeduは、クアラルンプールから約15km程離れたセランゴール州(Selangor)のダマンサラ ペルダナ(Damansara Perdana)という所にあります。実はこの近辺には鉄道が走っていません。現在建設中の新路線が2017年くらいに完成するようなので、完成すれば便利さが増すのですが現時点では鉄道はなし。

本記事ではダマンサラペルダナからクアラルンプール市内に行く便利な方法を2つご紹介します。
※記事に掲載の全ての画像はクリックorタッチする事で拡大表示されます。
タクシー

KLセントラル駅まで行く場合
時間 30分~40分
料金 RM20-25(約600~800円)

時間をお金で買うのであればタクシーが一番良いです。渋滞がなければ30分前後でクアラルンプール市内に到着出来ます。料金は平均してRM20~25くらい(約600円~800円くらい)。

タクシーを利用する場合、ドライバーによってはメーター利用をせずに値段交渉での支払いの場合もあります。メーターを使うよう強くお願いするか、最近流行りのUBERを使うと良いでしょう。私がタクシーを利用する場合は絶対にUBERを使っています。UBERの場合、仮に遠回りされて料金が跳ね上がったとしても、後からUBERにクレーム申し立てをすれば料金が遠まわり分返金されます。

無料シャトルバスと鉄道

KLセントラル駅まで行く場合
時間 約90分
料金 約RM3(約100円)

無料バス時刻表
クラナジャヤ駅発 IPSショッピングセンター前発
09:00 10:00
11:00 12:00
13:00 14:00
15:00 16:00
17:00 18:00
19:00 20:00
21:00 22:30

今回の記事のメイントピックはこちらの方法です。

実は、以前ご紹介したthe CurveというショッピングセンターからLRT(鉄道)のクラナジャヤ(Kelana Jaya)駅まで無料シャトルバスが出ています。クラナジャヤ駅からクアラルンプール中心にあるKLセントラル駅までは約25分で約RM3(約100円)。時間はかかりますが交通費はかなり安く済ませる事が出来ます。

クラナジャヤ駅はLRT クラナジャヤ線の終点駅。観光でよく使われるKLセントラル駅、パサールセニ駅、KLCC駅も同じ路線なので乗り換え不要で行くことが出来ます。

シャトルバス乗り場はthe Curveの建物のすぐ隣にあるIPCショッピングセンターにあります。具体的な場所は以下の地図を参照下さい。

【シャトルバス乗り場地図】


IPCショッピングセンターはthe Curveから道を挟んだ側にあります。隣がIKEAなのでこの辺に行けば迷う事は無いでしょう。IPSショッピングセンターの外観は以下です。画像内に「この辺り」と記している所がシャトルバス乗り場です。

IPSショッピングセンター外観

シャトルバス乗り場

シャトルバス時刻表

出発10分前くらいになると乗り場にバスがやってきます。乗車可能になるのは出発時間丁度になってからで、乗車券などは不要でそのまま乗車します。ただし、乗車定員を超えた場合は乗る事が出来ないようです。今まで10回以上乗車してきて定員オーバーを経験した事はありませんが、念のため出発10分前には乗り場に到着しておきましょう。

シャトルバス

バスに揺られる事約20分(渋滞時は約30分)でケラナジャヤ駅に到着です。

クラナジャヤ駅

なお、帰りについては道路の反対側から帰りのバスが出ています。クラナジャヤ駅にはシャトルバス乗り場の看板が一切ありません。場所がわかっていないと大変です。

駅の改札を出てすぐ左方向に進み、階段がありますので3階に登ります(改札は2階)。階段を登り左手に進むと歩道橋があります。以下の画像はその歩道橋からの写真です。画像内に「この辺り」と示した場所、ここにバスが出発時間丁度にやってきます(たまに最大5分程度遅れる事があるがほぼ定刻で来る)。

クラナジャヤ駅のシャトルバス乗り場

歩道橋を渡ると左側に下り階段あり

無料シャトルバスを示す目印は何もないですが、定刻になるとバスがやってきてタクシー乗り場の横に停車します。バスが来ると周囲の人が一斉にバスに向かって移動するので、周りを注意深く観察していれば何となくわかるかと思います。

バスが到着している様子

時刻表を見て頂くとわかる通り、バスは2時間に1本ペースです。乗り遅れるとタクシーを使わないといけなくなるので、時間には充分に注意する必要があります。参考までにKLセントラル駅からクラナジャヤ駅までは約25分程度です。KLCC(ツインタワーがある所)駅からだと約45分程度です。

私は留学期間が長い為、少しでも節約をする必要がありタクシーは基本使いません。このシャトルバスはかなり節約になります。また、クラナジャヤ駅はマレーシアの観光旅行では絶対に来るような場所ではないので、経験として一度使ってみるのも面白いでしょう。